本日の朝礼は「最初の一段」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20160617おはようございます。

失敗を恐れて実行をためらっては、いつまでたっても前に進むことはできません。

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師は、「階段は全部見えなくてもいい。最初の一段を、自信を持って上がりなさい」と述べています。
 
社内では、

「人は誰でも慣れた状況を好む傾向があります。しかし、成長するためにも、心地よい日常から一歩踏み出す勇気を持ちたいです」

「新しい事業のアイデアがあっても、成功するかどうかわからないことを理由に、ついためらってしまいます。たとえ先が見えなくても、自分が正しいと信じた道を歩むことが大事だと思いました」

「今まで経験がないことに挑戦するときは、『やらない理由』ではなく『やる理由』を探すようにしています。これからも公私ともに、たくさんのことに挑戦していくつもりです」

という意見が出ました。

挑戦するために必要なのは、自分を信じて一歩前に踏み出すことです。踏み出したことによって、嫌なことや困難なことが降りかかってくるかもしれません。しかし、それらを1つずつ克服することによって、形や成果が見えるようになるものです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

1984 - 2020 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02