今日の朝礼は「安心の商品」です。

おはようございます。

私は「メイドインジャパン=安心の商品」という印象を抱いていました。しかし最近はその考えも少し変わってきました。
皆さんご承知のとおり、産地や原料の偽装、賞味期限の改ざんなど、消費者を裏切るような事件が近年多発しています。これはもちろん食品だけに限ったことではありません。モノづくり大国日本のプライドは、どこへいったのでしょう。
日本のモノづくりを支えてきたのは、最高の技術だけではなく、そのモノに対する思い、そしてお客さまに対する思いやりがあったからではないでしょうか(しかも、それはあたりまえのように)。
それが最近は、その思いよりも、もうけるほうへ偏ってきているのかもしれません。「道徳なき経済は罪悪」という教えがありますが、道徳以前のあたりまえが、今は崩壊しているのかもしれませんね。経営者の方々は道徳と経済のバランスを取りながら、お客さまに「安心の商品」を提供していただきたいと思います。

社内では
「作業改善と手抜きを、混同しないように気をつけたい」
「以前勤めていた印刷会社では、全員で罫線やノンブルのズレを検版していたことを思い出した」
「商品には経営者をはじめ、作り手の考え方や気持ちが大きく反映されると思います。そしてそこには、経営者の普段からの考え方が影響しているはずです」
などの意見が出ました。

本当にお客さまに望まれる、モノやサービスを提供し続けるために
今日も、真摯な気持ちで働きましょう。
そしてもちろん
今日も「ついてる! ついてる!」

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.