本日の朝礼テーマは「3つのスパン」です

本日の朝礼テーマは「3つのスパン」です。

今日の話題について、コミニケ出版ではこんな意見が出ました。

「たとえば、朝早く起きてウォーキングを始めるとき、始めて10分後は寒くてつらいですが、10カ月後は慣れて、10年後には楽しい習慣になっているでしょう。衝動で決断するのではなく、長期的に考えることが大切だと学びました」

「10分後、10カ月後、10年後という3つのスパンで考えることは、仕事だけでなくプライベートや家族間、友人関係などあらゆる決断に役に立つと思いました。」

「そのときの感情で決断してしまうことが多いので、こういった基準があると、後悔しないで済むと思いました。特に買い物や人間関係においては、勢いで決断する前に、3つのスパンで考えてみたいです」

アメリカのジャーナリスト、スージー・ウェルチさんは、決断の方法として「この選択をしたら、10分後、10カ月後、10年後はどうなっているか」と自問することを勧めています。短期・中期・長期のスパンで選択肢を見つめることで、後悔しない決断を下すことができます。

今日もわが社は、ツイてるツイてる!!
#朝礼 の #スピーチ に使える!
#社員教育 に役立つ『#月刊朝礼』#スージーウェルチ #決断 #決める力 #習慣 #決断の方法 #長期的視野

 

1984 - 2022 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02