本日の朝礼テーマは「これでいいのだ」です


 
『天才バカボン』『おそ松くん』などで知られる漫画家の赤塚不二夫さんにまつわるエピソードです。
 描き上げた原稿を、担当の編集者が紛失してしまいました。途方に暮れて戻ってきた編集者に、赤塚さんは何も言わず同じ原稿を描き直したそうです。そして、一言、「二度目だから余計にうまく描けたよ」と言いました。
 おおらかで優しい人柄が伝わるエピソードです。
 
社内では、
「この話を読み、赤塚不二夫さんの心の広さを知って、さらにファンになりました。人への優しさが、漫画にもにじみ出ていると思います」

「人が失敗したら、追い打ちをかけるように責め立てる人もいれば、一緒に助けて手伝ってくれる人もいます。私は自分の仕事を後回しにしてでも手伝うようにしています」

「赤塚さんのもう一つの言葉『一番下だと思っていれば、人の言うことがよく頭に入ってくるの』も心にしみました。偉くなるほど頭を垂れる人になりたいと思います」
という意見が出ました。

 人の失敗によって苦労を被った時の振る舞いに、人の器が表れます。低く、優しく、温かい態度が大切です。
今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
                          

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.