本日の朝礼は「よりよい社会のために」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_201406123おはようございます。

トーマス・エジソンは自身の発明品についてこのような言葉を残しています。

「『私の発明は、すべての人にとって役に立つ物でありたい。そして、世界の平和に貢献するような物でありたい。 もし私の発明で一人でも人が死んだとしたら、 私には人生を生きる意味も資格もない」

蓄音機や白熱電球、活動写真などの発明品をつくった根本には、このような思いがあったのではないでしょうか。エジソンがいかに人々のことを考え、平和を望んでいたのかがわかります。

社内では、

「常にお客さまの要望に応えたいと思っています。喜んでもらう、驚いてもらう、感動してもらう。そのような思いで仕事をしていますが、今日の本文を読み、それが社会に貢献していることにつながるのかな、というように感じました。これからもお客さまの思いに応える仕事をしたいと思います」

「どんな仕事であれ、仕事というものは社会に貢献しているものです。『月刊朝礼』であれば、朝礼での人材育成であり、朝礼の情報提供であります。それに対してお客さまから対価をいただく。それをまた社会に還元していくことで、『月刊朝礼』も私たちもより成長していけると思います」

「自分では気づいていなくても、自分の仕事が社会に貢献していることはたくさんあります。だからこそ、どんな仕事であっても全力を尽くさなければいけません。それに中途半端な仕事をしていては、お客さまだけでなく、ともに働く仲間にも迷惑を掛けてしまいます。常に全力で仕事に取り組み、社会をより良いものにしていきたいと思います」

という意見が出ました。

あなたは自分の仕事に対してどのような思いを持っていますか。「人を笑顔にしたい」「たくさんの満足を得たい」というその思いは、きっと仕事に反映されているはずです。あなたの思いを仕事に込めて、より良い社会をともにつくっていきましょう。

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

1984 - 2020 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02