本日の朝礼は「チリン!チリン!」です。

おはようございます。

自転車に乗っている人は、ついつい歩行者の気持ちを忘れてしまい、「どいてください」とベルを鳴らすことがあります。もちろん鳴らされた歩行者の人はいい気持ちはしません。ちなみに、歩行者に向かって自転車のベルを鳴らすと、道路交通法違反になることがあります。法律違反だからやめましょう、ということではありませんが、人の気持ちを忘れた振る舞いは恥ずかしいことです。あなたは大丈夫ですか?

社内では、

「車の運転中は、歩行者に対して『早くいけ』と思い、歩いているときは、車に対して『歩行者優先だろう』と思います。なんとも自分勝手なものだな、と本文を読んで改めて反省をしました。自分の振る舞いが他人の心を無視していないか、ということに気をつけて、日々の仕事に取り組みたいと思います」

「ベルをむやみに鳴らすようなことはしませんが、毎日『歩行者が邪魔だな』と思っている自分に気づきました。自分の振る舞いが普通だと思っていましたが、普通だと思っていたゆえに、人のことを考える気持ちが『麻痺』していたと思います」

「ヨーロッパなどではほとんどの道路に歩道と自転車専用レーン、車道があり、歩行者と自転車、車・バイクの線引きがきちんとされています。その点、日本では、まだ自転車専用レーンは整備されているとは言えません。しかし整備されていないから『しなくていい』ということではないと思います。整備は行政の問題ですが、人の気持ちを思いやる、やらないのは個人の問題だと思います」

という意見が出ました。

制度(整備)の不備をつついて、「してはいけないのであれば、制度を整えろ」という人がいますが、人が完璧でないのと同様に、制度も完璧ではありません。だからこそ、その不備は「人の心」で補完をしなければいけません。すべてのことにおいて、人のことを考えられる「心」を忘れない人になりましょう!

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

1984 - 2020 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02