本日の朝礼は「覚悟を持って」です。

おはようございます。

仕事をするうえで一番大事なことはなんでしょうか。それは「覚悟」を持つことです。覚悟とは、どんなに厳しい状況であったとしても、それに対応できるよう心構えのことをいいます。テクニックも必要ですが、最終的には精神的な強さが物事を決めます。さて、あなたに覚悟はありますか?

社内では、

「仕事に必要なのは『やわらかい覚悟』だと思います。最高のパフォーマンスをするには、やわらかい身体と頭、そして、しなやかな精神が必要です。必要以上に強張った身体や頭、精神では、自分の実力を発揮することはできません。ここ一番に備え、普段から自分の基礎力を伸ばしていきたいと思います」

「常に『辞める』覚悟を持って仕事をしています。それは誰かに『働かされている』のではなく、自分が『働いている』と自覚をすることです。そうすると、自分の仕事に責任を持つようになります。そして上司や社長に対してでも、臆することなく、意見を伝えることができます。もちろん間違っていることもあります。その場合は素直に非を認めますが、『臆して言わない』ということだけはしないように心がけています」

「チャンスは1度だけ、とよくいわれますが、そうではありません。確かにそのチャンスは1度だけかもしれませんが、ほかのチャンスはまた訪れます。そのときに、1度目を見逃した経験を生かせるかどうか、がポイントになります。日々覚悟を持って過ごしていれば、次のチャンスを手にする可能性は高まります」

という意見が出ました。

A-Works、play earth、アイランドプロジェクト代表取締役の高橋 歩さんは、覚悟に関してこのように述べています。

「必要なのは、勇気ではなく、覚悟。決めてしまえば、すべては動き始める」

覚悟は勇気よりも強い気持ちです。覚悟があればできないことは、ありません。さぁ、覚悟を持って仕事をしましょう!

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.