本日の朝礼テーマは「世界に通じる『おじぎ』」です

本日の朝礼テーマは「世界に通じる『おじぎ』」です。

今日の記事について、コミニケ出版ではこんな意見が出ました。

「コロナ禍は大変ですが、日本の文化が世界に知られることはうれしいことです。コロナが収束しても、継続して使われることを希望します」

「江戸時代、ちょうどよいという意味の『時宜』が、辞する礼儀を意味する『辞儀』に変わったともいわれているおじぎ。外国を旅行したときに、よく外国人からおじぎをされたことを思い出しました。海外でも浸透していることに感激しました」

「外国の文化が日本に入ってきて定着することもよくあります。挨拶などでも、新しい文化が生まれることは楽しいと感じます」

コロナ禍をきっかけに、世界で日本のおじぎが注目されています。感染症対策のため、欧米では握手やハグなどができないことも大きな理由の一つです。日本の伝統的挨拶が世界に広がることは興味深いことです。

今日もわが社は、ツイてるツイてる!!

#朝礼 のスピーチに使える!
#社員教育 に役立つ『#月刊朝礼』
#朝会 #雑学 #おじぎ #伝統 #文化 #ワイ #敬意 #3密 #心を込める

1984 - 2021 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02