本日の朝礼テーマは「優しさ送り」 です


 
 ノンフィクション作家の高野秀行さんは、大学時代からこれまで60カ国以上を訪れてきたそうです。そんな高野さんが海外で感じたことは、「親切にしてもらうことのありがたさ」です。
 さまざまな国で、困っているときに何度も助けられました。そのたびに人の優しさを感じ、「後で必ず返そう」という気持ちになったそうです。「助かった。ありがたい」という経験が、人を思いやる気持ちを育ててくれます。

 朝礼のスピーチに使える! 社員教育に役立つ『月刊朝礼』

社内では、
「日常生活の中で受けた恩を、次の人に送る恩送りが大切です。さりげなく、見返りを求めない、謙虚な姿勢で、優しさを次の誰かに送りたいです」

「日本人は恥ずかしがり屋で、人の優しさを素直に受けにくいものですが、次に誰かの手助けをできると考えれば、素直に優しさを受けることも大切だと感じました」

「海外数カ国に行きましたが、外国人全員が優しいわけではなく、親切でない人もいますし、海外在住の日本人の方が優しかった経験もあります。そのような行為ができる人間になりたいです」

という意見が出ました。

  申し訳なさや恥ずかしさから、人の行為を遠慮してしまうことはありませんか。親切を学ぶためにも、時には素直に親切を受けることも大切です。そして、今度は誰かに優しさを返しましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
                    

1984 - 2020 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02