本日の朝礼テーマは「5W2H」です


 
 文章を書くときの基本である5W1Hがあります。
 WHEN(いつ)WHERE(どこで)WHO(誰が)WHAT(何を)WHY(なぜ)HOW(どうやって)ですが、そこにHOW MANY(いくつ)を加えて5W2Hになるとより具体的になります。
 相手が困らないよう、思いやる気持ちが効率化につながるのです。

社内では、
「私はHOW MUCHがあってもいいと思いました。コミュニケーションには数字が大切だと思います。日時、人数、具体数などです。それを注意しています」 

「どんな読者でも誤解しない文章を心掛けています。あらためて注意することを再確認しました」

「電話のメモでもきちんと書けない後輩がいますので、5W2Hをしっかりと書けるように指導しています」

という意見が出ました。

 報告書や企画書をつくるときはもちろん、電話のメモを取るときにも5W2Hは大切なことです。正確な情報を簡潔にまとめることで、関わる人全てがスムーズに、作業を進めることができるのです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
                           

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.