本日の朝礼テーマは「今やる修行」 です


 
 禅宗の僧、道元が若いころ、寺で修行をしていたときの話です。
 ある暑い日、老僧が庭でキノコを干しているのを見て、「誰か若い者にやらせてはどうですか」と声を掛けます。しかし老僧は、「自分に任された役割を、他人にさせては修行にならない」と答えます。
 道元はさらに、「もう少し涼しい時間に作業されてはどうですか」と言います。「今やらないで、一体いつやるのか、今というときは、もう二度とないのだ」と老僧は答えました。
 禅宗では、日常の仕事は全て「作務」という修行だと捉えます。そのため老僧は、人に任せたり、先に延ばしたりしなかったのです。

社内では、
「雑用などを頼まれたとき、つい面倒に思ってしまいますが、自分の修行になっていると思えば感謝して取り組めると思います」

「苦手な仕事や作業がありますが、それも成長につながると考えることが大切だと気づきました」

「目の前の仕事に全力を尽くすということだと思いました。今という機会を大事にしたいです」 
という意見が出ました。
 
合理的なのは、悪いことではありません。しかし、面倒なことを人に任せ、先延ばしばかりしていては成長はないでしょう。
日々の仕事や家事、身の回りのささいな作業も、全ては自分の成長につながるのだと考えてみませんか。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

1984 - 2021 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02