本日の朝礼テーマは「誠実な信条」です


 
 モナコ公妃であり、アカデミー賞女優でもあったグレース・ケリーは、大変な努力家だったといわれています。
 彼女の父の言葉に「努力なしには何も得られない、すべては労働と粘り強さ、正直さによってもたらされる」というものがあり、彼女も諦めず、何事も挑戦してきました。
 気品あふれる彼女の美しさは、内面が反映されたものだったのでしょう。公妃となった後も国民の期待に応えるため、人知れず努力を重ねたのです。

社内では、
「輝いている人は苦手なことも陰で努力していると思います。私は逃げてしまうタイプなので、努力したいと思います」

「グレース・ケリーの美しさは、外見だけでなく、内面も反映されていると思います。心を磨いていきたいです」

「気品は外見だけでは表れないと思います。心がきれい人を美人というと思うので、何事も一生懸命やっていきたいと思います」 
という意見が出ました。

外見や経歴など、表面的な華やかさに注意しても、磨かれた内面なくして本当の輝きはありません。積み重ねた努力は、実力となり、自信となって人を輝かせるのです。
今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
                      

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.