本日の朝礼テーマは「物には命が宿る」です


 
 本日、あるいは12月8日には全国の神社やお寺で針供養が行われます。
 日常の針仕事で役割を果たしてきた針に感謝するとともに、縫い物が上達するようにという願いも込められています。

 日本では昔から「物には命が宿る」と考えられていました。道具への感謝や優しさが感じられる、心温まる行事だといえるでしょう。

 現在は家庭で針仕事をする機会も少なくなりましたが、道具に感謝する心は、持ち続けたいものです。

社内では、
「学生時代のクラブで使っていたシューズは、全て実家に残しています。当時の監督の指導が『物を大切にしないと上達しない』だったこともあります。当時の思い出がよみがえります」

「18年間乗り続けている愛車があります。維持費もかかり、燃費も悪いですが、愛着がわいて廃棄できません。乗れるところまで乗るつもりです」

「妻が筆供養に行くのについていきます。筆への感謝を伝えながら神社に奉納し、新しい筆をもらいます。物には命が宿っていると思います」

という意見が出ました。

 物があふれる世の中ですが、「いつでも手に入るから」と粗末にしてはいませんか。道具は、最後まで大事に使い、手放すときも「今までありがとう」とねぎらいを忘れないようにしましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.