本日の朝礼は「心の根付け」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20140630おはようございます。

全く同じ状況であっても、人の言葉や態度によって、自分の心の受け止め方が変わってしまうことがあります。それは、自分の心が周囲に流されているからです。「思いやりの心」を常に意識し、自分の奥底にしっかりと根付かせ、周囲に流されることがないようにしましょう。

社内では、

「人間は大変自分勝手なものです。たとえば道を歩いているときは『車は歩行者を優先して待つべき』と思いますが、車を運転しているときは『歩行者は車が通れるように待つべき』と考えてしまうことはないでしょうか。状況が同じでも立場が変われば意見も変わります。自分勝手な心を抑え、相手を思いやる心をしっかりと心に根付かせたいと思います」

「状況によっては人の意見に流されることもあると思います。しかし、相手を思いやる、相手の立場に立つ、相手の状況を考えることは忘れてはいけません。逆に、それらのことに関しては、自分が率先して人を思いやる姿を見せ、プラスの方向に人を流していくことが必要だと思います」

「自分が状況に流されているかな、と思ったときは、立ち止まり、自分の頭で考えなければいけません。これは本当に正しいことなのか、後悔することはないか。『赤信号みんなで渡れば怖くない』という言葉もありますが、自分の行動を人に任せることはないようにしたいと思います」

という意見が出ました。

状況によっては、意見や判断を変えることも必要です。しかし、それが相手を傷つけることはないか、という配慮は常に必要です。日々の生活の中で「思いやりの心」を意識、実践し、それを自分の「あたりまえ」にして、「思いやりの心」を自らの奥底に根付かせましょう。それがきっとより良い社会をつくる第一歩になるはずです。

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

1984 - 2020 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02