本日の朝礼は「手を振る」です。

おはようございます。

イギリスの詩人、スティーヴィー・スミスは『手を振っているんじゃない、溺れているんだ』という詩を書いています。このような内容です。

「海辺で遠くを見ていると、波間に手を振る人がいる。手を振り返して、しばらくしたあと、実はその人は溺れていたと知る。そのときには、もう助けることはできない」

手を振るのは挨拶だ、という思い込みによる間違いです。これは私たちも気をつけなければいけません。相手の立場に立ち、本当に望んでいることを見極め、タイミングよくメッセージを受け取れるようにしましょう。

社内では、

「仕事をする上で見逃してはいけないメッセージは、お客さまの望みです。ただ、お客さま自身はその望みをきちんと具体化していないこともよくあります。それを打ち合わせや雑談の中で、どれだけ正確に引き出せるかが、大きなポイントです。相手の望みを正確に、タイミングよく聞き出すことが、仕事の本質だと思います」

「メッセージを伝えるのは言葉だけではありません。『ありがとう』も笑顔であればうれしいですが、仏頂面であれば余計なお世話だったのかなと感じてしまいます。特に人に意見を伝えるときは、注意が必要です。話していることが温和でも、表情や仕草、態度、日ごろの行いも含めて、相手はそのメッセージを受け取ります。まずは、自分のメッセージの与え方を客観的に見つめることが大切です」

「メールは特にメッセージの誤解を招くことが多いと思います。連絡事項を伝えるだけであれば、事務的でも問題ないと思いますが、お礼を伝えるとき、お願いをするとき、謝罪するときなど、自らの思いを伝えるときにでも、事務的なメールを送る人がいます。それでは相手に思いは伝わりません。ビジネスメールのマナーを守ることも大切ですが、一番大切なことは、相手に思いを伝えることだと思います。そうであれば『!』や『?』を使ったり、わざと口調を崩したり、文字の大小をつけたりすることも、大切なことだと思います」

という意見が出ました。

思い込みや、勘違いによるメッセージの誤解はよくあることです。もし不思議に思ったら、まずは相手の立場に立ち、「どうして今、この発言をしたのか」ということを少し考えてみましょう。そうして相手に歩み寄れば、きっと誤解は少なくなるはずです。

今日もみんなで「ついてる! ついてる!」

1984 - 2020 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02