本日の朝礼は「好きになる手帳」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20160624おはようございます。

人間関係に悩んでいたBさんは、嫌いな人の特徴を手帳に書き留めていました。書き留めているうちに、その人の行動が、自分にもあてはまっていることに気づきます。そして、ノートに書いた内容と反対のことを実践し、その人のよいところを探すようにしました。

社内では、

「嫌いだと感じる人がいますが、嫌いなのはある部分だけなので、その他のよい面を見るようにしています。そうすれば、嫌いと思うことはほとんどなくなりました」

「嫌いな特徴も、よいように捉えることはできます。『自分の意見を押し通す』は『信念がある』、『けち』は『節約家』などです。ものは考えようなので、プラスの見方をするように心掛けています」

「あるセミナーで、嫌いと思っている人の性格を挙げ、なぜ嫌いなのかその理由を分析し、よい捉え方をする方法を実践しました。すると、嫌いだった人の本当の姿がわかり、嫌いではなくなりました。逆に親近感がわいてきました」

という意見が出ました。

嫌いだと思う人を批判したり、遠ざけたりする前に、まずは自分の言動を見直し、変えることが大切です。そして、相手の長所を見るようになれば、嫌いな人は自然と減っていくはずです。周囲と、よい関係を築くことが、幸せの第一歩です。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.