本日の朝礼は「ほめ言葉のシャワー」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20160523おはようございます。

教育者である菊池省三さんは、子どもたちに自信を持たせるため、小学校で「ほめ言葉のシャワー」を実践しています。お互いをほめ合うことで、子どもたちに自信がつき、相手のよいところを見つけるために、積極的に声を掛け合うようになったそうです。

社内では、

「これは大人の社会でも有効なので、ぜひ試したいと思いました。相手のよい点を伝え合うことで、人間関係がよくなり、お互いの信頼が深まるはずです」

「身近な人をきちんとほめるのは、気恥ずかしいものです。しかし、だからこそ言葉にして伝える勇気を持ちたいと思いました」

「ほめ言葉を積極的に使うことで、相手のよいところを発見する能力が育ちます。ほめることは、人を深く理解することにもつながると思います」

という意見が出ました。

「ほめ言葉のシャワー」を実践したことにより、「自信がつく」「会話が増える」「言葉の量が増える」という効果がありました。おのおのが自信を持つために、仲間同士の信頼を高めるためにも、お互いをほめる機会を増やすようにしましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.