朝礼研究所

kenkyujo_head

コミニケ出版は、2019年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを行い、1533人から回答がありました。前回の調査に比べ、大幅なアップです。

今、企業の「朝礼」が見直されています。
朝礼に、どのようなイメージを持っていますか? 「業務連絡」や「上意下達」という言葉が思いついたのなら、その考えは古いです!
必要とされる朝礼とは、コミュニケーションの場であり、社員教育の場。『月刊朝礼』は新たな朝礼の可能性を追求しています。

chourei_data_01_02

最近、社会では、企業の行動規範や倫理が遵守されていないことにより、不祥事が頻繁に起こっています。その原因の1つに、経営者をはじめとした社員教育、人間教育の不足が考えられます。『月刊朝礼』を使えば、毎朝の朝礼を、社員教育の時間にできるのです。

アンケート回答者のご質問に『月刊朝礼』がお答えします!

  • 毎日、朝礼をする必要がありますか。(30代 男性/会社員)
  • 朝礼は、情報伝達の場であるとともに、社員教育の場でもあります。企業が発展し、永続するためには、誠実な人材の育成が不可欠です。誠実な社員は、1日では育ちません。毎日、朝礼を実施し、『月刊朝礼』を読むことで、心の成長に必要な道徳心が身に付き、気づかないうちに人間力が向上します。個人の成長も企業の発展も、日々の小さな積み重ねが重要です。
  • 朝礼のマンネリ化を防ぐには、どうすればいいですか。(50代 男性/管理職)
  • 毎朝話す人がほとんど同じで、同じ内容ばかり繰り返す。業務連絡しかしないなど、朝礼がマンネリ化してしまう理由はさまざまです。『月刊朝礼』を音読し、社員同士で感想を述べ合うと、新しい視点や自分とは違った考え方に気づいたり、社員の個性を知ったりすることができます。そうすると、毎朝、新鮮な気持ちで朝礼に参加することができます。
  • 上意下達ではない、全員参加型の朝礼は、どうすればいいですか(60代 男性/経営者)
  • 朝礼の当番を、持ち回りやくじ引きで決め、当番が『月刊朝礼』を音読します。『月刊朝礼』は、1日1話、365日分の話が掲載されています。約1分で読め、新入社員から経営者まで、誰にでも簡単に理解できるため、社員が積極的に発言できる場を作ることができます。経営者や上司は、社員や部下を引き締めるだけでなく、楽しく豊富な話題を提供して、やる気を引き出すようにすると、有意義な朝礼ができます。
  • 聞き手を飽きさせないスピーチをするには、どうすればいいですか。(20代 男性/会社員)
  • 『月刊朝礼』は、会社や日常生活の話だけでなく、『論語』や『偉人の名言』から時事内容まで、さまざまな話題がバランスよく掲載されています。社会人として身に付けておくべきルールやマナー、知識や教養が学べ、品性向上にもつながります。経営者、上司、部下、新入社員、自営業者など、さまざまな立場の事象が書いてあるため、自分にふさわしい情報を入手できます。
  • 朝礼の雰囲気を明るくする、元気が出る方法はありますか。(40代 女性/管理職)
  • 毎朝『月刊朝礼』を音読すると、心身ともに活力が満ち、考え方が前向きになります。やる気のスイッチが入り、職場全体に活気が生まれます。感想を言い合うことによって、普段は知らない同僚の趣味や家族について知ることができたりして、朝礼が楽しくなります。話題を共有すると、社員同士のコミュニケーションが活発になり、会社の業績にもつながるはずです。
  • 業務連絡は、朝礼でなく、メールやSNSで済みませんか。(20代 女性/会社員)
  • 朝礼の役割は、業務連絡だけではありません。社員の体調や状態を確認する役割もあります。顔を合わせ、身だしなみや表情、言葉遣いなどを確かめ合うことで、誠実な社員になるための訓練を、効率よくできる場でもあるのです。さらには、新入社員や経験の浅い社員に、仕事や規律を理解させる効果もあります。社会人に必要なのは、コミュニケーション力です。
  • 窓口業務などの職場での教育は、研修の方がよくありませんか。(30代 女性/会社員)
  • 社員研修をするためには、時間やコストがかかります。しかし、『月刊朝礼』なら、毎日の朝礼を社員教育の時間にすることができます。また、『月刊朝礼』には、「おもてなしの基本」や「お客さまへの接し方」「1つ上をゆくサービス」など、思いやりや助け合いの心に触れた内容が多いため、研修をしなくてもお客さまを感動させる接客ができるようになったという声もよく聞きます。
  • 現在、朝礼をしていませんが、朝礼を導入するメリットはなんですか。(50代 男性/経営者)
  • 朝礼は、気持ちを仕事モードに切り替える場です。社員が顔を合わせ、経営目的や経営目標を確認する場でもあります。当日の予定や週の目標とその進捗状況を確かめることで、意思統一が図れ、社員が一丸となって頑張ろうという団結力が生まれます。社員の発言により、職場の問題点や課題点などが発見され、社内のコミュニケーションがより円滑になります。
  • あがり症のため、人前で話せないのですが、よい方法はありませんか。(20代 男性/会社員)
  • 人前で話をすることが苦手な人は多いです。しかし、朝礼で司会になり、人前で『月刊朝礼』を音読して、感想を述べることをくり返しているうちに、コツがつかめ、度胸がついてきます。するといつの間にか、人前でも物おじせず、正々堂々と自分を表現することができるようになります。朝礼を、自分を高めるための修練の場と考えて、努力しましょう。
choureiData_btn
  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

月刊朝礼をご活用いただいている企業さまの声

  • 株式会社関東技研  茨城県那珂郡

    昭和38年創業。ダムウェーター(小荷物専用昇降機)から始まり、原子力関連機器、自動ドア、立体駐車装置用オートドアなど、特殊で多種多様な機械器具製造を行う。全ての工程において顧客満足の品質向上と継続的改善に努めておられる。

    社員教育で大切なのは、自らのチャレンジ精神を大切にすることです。「これは出来る人。ではなく、これも出来る人。”ハイブリットワークマン“や”スーパーハイブリットワークマン“」を一人一人が目指しています。

    以前は、朝礼やミーティングの際、沈黙が続くことがよくありました。そこで、皆の前で発表する機会を増やすことで、活発な意見交換ができるようになるのではと『月刊朝礼』を導入しました。

    毎朝順番で記事を読んだ後は、くじ引きで2名が感想を発表しています。当初は、朝礼に対して賛成派、反対派の意見がありましたが、導入して1年が経った今、みんな真剣に取り組んでいます。

    ---   ご担当者 さまより
  • 株式会社紅屋  兵庫県神戸市

    昭和22年創業。
    婦人服の製造販売および店舗経営などを行う。
    古くからファッション産業の盛んな神戸でオリジナルブランドを展開。
    創業者が提唱した「盆栽経営」(盆栽を丹精込めて育てるように、じっくりバランスよく会社を育てる)を今も受け継いでいる。

    社員教育で大切なのは、「互いに教育する」という意識を全員が持つことです。
    会社はみんなで力を合わせてつくっていくものだと、折に触れ従業員に語り掛けるようにしています。

    創業者の時代から、30年以上『月刊朝礼』を購読しています。長年購読していると、切り口は変わっても、根底に普遍的なテーマがあることに気づきます。感謝や思いやりなど、大切なことを繰り返し学べるのが素晴らしいと思います。
    毎朝、記事を読むたびに初心に返る思いです。

    毎日続けることで、確実に従業員の成長につながっていると感じます。
    「温故知新」という言葉がありますが、これからも若い人の気づきや成長につながる記事を期待しています。

    --- 取締役  松谷泰宏 さまより
  • 株式会社Healing Hand  大阪市中央区

    平成15年創業。整骨院と美容整体サロンのほか、介護保険事業のリハビリ特化型デイサービスを運営。「美と健康の生涯幸福支援業」を理念とし、クオリティの高い技術・商品・サービス・ホスピタリティ精神の提供を目指しておられる。

    社員教育では、「大切な人を大切と思える心」を養うこと、さらにその「大切な人」を守る「力」を付けることが重要だと教えています。それさえ伝われば、後はおのずと成長していきます。

    創業当時から朝礼を行っており、社員教育の場としてきました。『月刊朝礼』は、社員の「感性」を育てる教材として導入しています。同じ記事を読んでも、感想はさまざまです。どのような発言をするかで、一人一人の心の成長を測ることができるのが、素晴らしいと思いました。
    『月刊朝礼』を使った朝礼を毎日続けることで、記事の内容が、少しずつ社員のなかにインプットされ、積み重なっていくのを感じます。これからも継続していきたいと考えています。

    --- 代表取締役 総院長  中村侑道 さまより
  • 小塚メタル株式会社  岐阜県瑞穂市

    昭和49年創業の非鉄金属卸売業を主軸に、非鉄金属リサイクル、産業廃棄物収集運搬・中間処理のほか、企業主導型保育園運営などを行う。「循環型社会の実現に貢献する」「地域社会に信頼される」「従業員が誇れる会社になる」が経営理念。

    弊社では、特に社員教育というものは行っていませんが、強いて言えば、社長が社員の手本となるよう振る舞うことを心掛けています。1日1回は全員と言葉を交わし、それぞれの趣味や考え、家庭環境などを把握するようにしています。

    創業当初から、さまざまな変化を加えながら朝礼を続けてきました。あるとき、「一言スピーチ」のネタに苦労するという社員の声があり、『月刊朝礼』を勧められ活用し始めました。
    『月刊朝礼』は、自己啓発になり、社員が自信を付けるきっかけにもなりました。毎日繰り返すことで音読も上手になり、なかには人前でのスピーチが平気になったという社員もいます。もともと笑顔が多い弊社の雰囲気に「品」が添えられたように思います。

    --- 代表取締役  小塚将樹 さまより
  • (株)H&M DIFFERENCE ENGINE  東京都千代田区

    (株式会社H&M DIFFERENCE ENGINE 神保町店eidaさま)

    平成8年6月9日 (ロックの日)創業の美容室。
    お客さまには対しては「刺激と癒しで感動を!」スタッフには「違ってていいじゃん!個性を大事に」が経営理念。お客さまに合わせた髪型を提案しており、パーティーヘアセットや着物の着付けにも定評がある。

    社員教育で大切なことは、自分で考えさせること、失敗を経験させて振り返る力を付けさせることです。美容師は独立心が強く、意思決定ができる人が多いので、成長を促す環境づくりを大切にしています。

    朝にいい話を聞き、良い心の状態でお客さまに接することができる、教養を身に付けられる、その2点から『月刊朝礼』の導入を決めました。特に知識や教養は、お客さまに信用して髪型を任せていただくためにも、美容師には必要だと思います。

    『月刊朝礼』を導入してから、ミーティングで問題になっていたことや言いたかったことが不思議と解決につながったり、確認できたりするようになりました。スタッフ間に連帯感が生まれ、問題に対して肚への落ち方が同じになったと感じています。


    --- 代表  伊藤秀一 さまより
  • FUNS税理士法人  埼玉県加須市

    平成16年創業の会計事務所。経営理念は「SMILE Support. We are SMILE」~お客様のスマイルをサポートすることで、私たちはスマイルになります~。明るく何でも相談できる会計事務所として、日本一スマイルがあふれる企業になることが目標。

    社員教育で大切なのは、「人として正しい選択をする」「相手を尊い人として見る」という2つの道徳観です。それをベースにみんなが行動できるように勉強しています。「職場を心地良い空間」にするためにはとても大切なことです。

    何と言っても無理なく簡単に「朝礼」が始められるという点が導入の決め手になりました。あれこれ考えすぎるよりも「まずはやってみる」という当社のベンチャー気質とマッチしていたのだと思います。

    導入後の変化としては、社員同士はもちろん、経営幹部と社員間の相互理解も格段に深まったことが挙げられます。みんなが価値観の多様性について考え、仲間を思いやるコミュニケーションが取れるようになってきたと思います。

    FUNS税理士法人様が運営するYoutubeチャンネル「FUNS TV」
    組織に蔓延するモンスターとの仁義なき戦い!エピソード⑨「朝礼」

    --- 代表  北村哲嗣  さまより
  • 有限会社大塩商店  兵庫県姫路市
    HP ▶ 

    昭和34年創業の産業.包装資材販売および倉庫作業などを行う。「大塩商店グループに関わるすべての人へ資材販売&倉庫作業などを通じて感動を提供して社会に貢献すること」を経営理念とし、お客さまのさまざまなニーズに対応。2021年に60周年を迎える。

    社員教育で大切なのは、人づくり、モラル、ルール遵守することです。そのために日々の教育活動を行い、社内を活性化させる努力をしています。

    導入のきっかけは、「活気のある朝礼をしたい」と思っていたときに、『月刊朝礼』のホームページを見たことです。社員参加型の朝礼が意識されているところがいいと思いました。また、モラルやルール遵守などを学ぶことができ、人間教育にもなることから、導入を決めました。

    導入後は社内メンバー同士のコミュニケーション力がアップしました。日々の仕事のなかで、自ら考えて動ける人づくりが少しずつ実現できていると感じます。これからも社員教育とコミュニケーション活動のツールとして継続して使っていこうと思います。

    --- 代表  村井雅史 さまより
  • やまう株式会社  東京都目黒区

    昭和21年創業の漬物製造及び販売業。関わる全ての方々の幸福と繁栄を願い、ひいては国家に奉仕できるよう、社員一丸となって業務に精励されている。食卓に笑顔があふれるような、品質と味にこだわった「お漬物」を提供し続けている。

    社員が品性豊かに育ち、働く喜びを感じられるように職場環境を整えることが大切と考えます。そのために、精神教育(モラロジー)と職場教育のバランスを取りながら、層別の社員教育を充実させています。

    その日ごとに視点が異なるストーリーから、思いやりの気持ちが育まれると考え、導入させていただきました。日々、心に残る内容で、読みやすく、要点も分かりやすいため、始業前に読むことで一日の活力につながっていると思います。

    導入から長い年月が経っているため、今は目に見える変化はありませんが、『月刊朝礼』を通じて品性が向上していく実感と、その実践の大切さが新入社員にも受け継がれ、根付いていると考えています。

    --- 管理本部  福田正二 さまより
choureiData_btn
choureiData_btn
  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02