本日の朝礼テーマは「支える人」です


 
 兵庫県神戸市と淡路島をつなぐ明石海峡大橋は、世界最大規模の吊り橋です。潮流の激しい明石海峡での難工事にもかかわらず、1日約1400隻も行き交う船を止めることはなかったといいます。

 建設工事に携わった人は言います。
 大変で危険を伴う工事でしたが、便利になったと笑顔で喜んでくれる人たちがいます。橋を見ていると誇りで胸がいっぱいになります。
 
 仕事は人と人の懸け橋なのです。

社内では、
「人という漢字は、人と人が支え合うと言われています。人はどこかで誰かに助けられて生活しています。自分もその一助になればと思います」

「働くことの意味をあらためて確認できた内容で良かったです。忙しいと目の前のことに不満を持ったりしますが、働ける場所があることに感謝しながら、仕事に誇りを持って取り組みたいと思います」

「小さな仕事でも喜んでくれる人がいるとうれしいものです。小さなことでも一生懸命にやっていれば、見てくれている人は見てくれています」

という意見が出ました。

 どのような仕事も、社会を支え、誰かの役に立っています。あなたの仕事を、喜んでくれる人がいることを忘れてはいけません。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
                 

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら