本日の朝礼テーマは「初暦」です


 
「初暦(はつごよみ) 知らぬ月日の 美しく」
戦前から戦後にかけて活躍した小説家、吉屋信子の詠んだ句です。

職場や家庭で、新しいカレンダーや手帳を用意した人も多いのではないでしょうか。 
2019年の真っ白な日付に、どのような出来事をかき込むのかは、あなた次第です。

社内では、
「まっさらな手帳やカレンダーを見ていると、ワクワクした気持ちになるものです。来年も頑張って素晴らしい年にしたいと思います!」

「1年使った手帳を読み返してみると、さまざまなことが思い出されます。新しい年に向けて、まずはこの1年を振り返り、反省することも大切です」

「年末は慌ただしく過ごしがちですが、新しい年に向けた目標や希望を意識することも忘れないようにしたいです」
という意見が出ました。

 あなたにとって、今年はどのような年だったでしょうか。悔いのない1年だったという人も、やり残したことがあるという人も、来年に思いをはせましょう。年の瀬は、未来を考える絶好のチャンスです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀