本日の朝礼テーマは「足元の宝物」です

ある男が一人住んでいた土地は「宝が埋まっている」と言われていました。
男はそれを信じて毎日地面を掘りますが、近所の人は「あるはずがない」と笑いました。
しかし、ある日とうとう男はたくさんの宝物を掘り出したのです。
男は人々に「あなたたちの足元にも宝物は埋まっているのに、どうして掘り出さないのですか」
足元の宝物とは、自分に秘められた能力のことです。

社内では、
「勇気が出る話です。自分の力を伸ばすのは自分だとあらためて気づきました。自分が信じて努力しようと思います」

「この話のように、せっかく頑張っても周囲から評価されないことがあります。私は、周りの人に褒められて自分の能力に気が付きました。力を伸ばすカギは、周囲の人の助けだと思います」

「本日はドラフト会議です。まだ才能を発揮していない若い選手には無限の可能性を感じます。私も年齢を理由に諦めず、自分の能力を伸ばしたいです」

という意見が出ました。

誰でも、無限の可能性を持っています。その力を引き出せるか引き出せないかは、自分次第です。「才能などあるはずがない」と諦めれば、それで終わってしまいます。
自らの可能性を信じ、伸ばす努力を続けましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀