本日の朝礼テーマは「能力の頂点」です

「人間の能力は若いときがピークで、年を取るほど落ちていく一方だ」と考えている人はいませんか。米マサチューセッツ工科大学の研究チームが、そうでないことを証明しています。

 10歳から90歳までの数千人を対象に、暗記、計算など、さまざまな能力について調査した結果、脳のピーク年齢は、能力によって違うことがわかったのです。

 現役で働く世代のほとんどが、まだまだこれから頑張れるということがわかります。体力と違って、心や脳は年を取っても成長します。年齢を重ねるほどに、さらに自分を磨いていきましょう。

社内では、
「シニア社員ですが、いつまでも働き続けられるということはありがたいことです。これからもピークを感じさせない仕事ぶりで頑張ります」

「これからは、人との競争よりも自分との戦いだと思います。さまざまな能力のピークに抗いながら、仕事も生活も努力していきます」

「能力を生かすも殺すも、健康があってこそです。健康に留意しながら、少しでもさまざまなピークを少しでも伸ばしていこうと思います」
という意見が出ました。

 年齢で能力のピークが決まると思っていたところ、さまざまな能力によってピークが決まっているというのは、面白い結果です。語彙力については、67歳前後までピークには達しないのです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.