本日の朝礼テーマは「手で考える」です

 考えがまとまらなかったり、アイデアがうまく形にできなかったりするときなどは、仕事が進まなくなることがあるものです。
 
 そのようなときは、頭だけでなく「手で考える」方法を試しましょう。
 まず紙に、頭のなかにある言葉を書き出します。字でなく、図形や絵でもいいでしょう。

 手は「第二の脳」ともいわれ、指先や手のひらを刺激することで、脳が活性化されるといいます。積極的に手や指を使いましょう。

 
社内では、
「日頃からピアノを弾いたり、折り紙を折ったり、そろばんで計算したり、よく手を動かしている方です。おかげで頭はすっきりしています」

「学生時代はノートとシャープペンシルしかなかったので、それで板写をしたり、何でも手で書いていましたが、現在はパソコンが普及し、考える前に文字を打っている感覚が強いです。少し手で書くようにします」

「電車のなかでSNSを早く打っている女性をみかけると、すごいと思います。それも手の神経を動かしていることになると思うので、いいと思いました」
という意見が出ました。

 書きながら考える、考えるために書くという習慣をつけると、個人やチームの生産性や創造性が一段と高まります。グループの会議などでも手書きが効果があります。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
                        

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.