本日の朝礼テーマは「心と体に栄養を」です


 
本日は土用の丑の日です。
栄養のあるものを食べて体力をつけるとともに、
心にも栄養を補給しましょう。

「前向きな気分になれない」「なぜか人に優しくできない」。
そのように感じる日が、誰にでもあるものです。
そんなときは、心の栄養が不足しているのかもしれません。

何が心の栄養になるのかは人それぞれです。
元気に夏を乗り切るためにも、自分なりのリフレッシュ方法を知っておきましょう。

社内では、

「心に不調を感じた時は、星空を見ることにしています。満天の星を見ていると、自分の悩みがちっぽけなことに思えて、気持ちが明るくなります」

「いい仕事をするためには、自分自身が幸せでないといけません。心も体も、きちんと健康に保つことがプロとして大切な心掛けだと思います。」

「熱中症を防ぐためには、栄養と睡眠、そしてリラックスも大事だと聞きました。体に比べ、心の健康管理はおろそかになりがちなので、気を付けたいと思います」

という意見が出ました。

あなたの心の栄養は、どのようなものでしょうか。
海や山などの自然に触れたり、読書や絵画を楽しんだりするなど、
自分の心の栄養になるものを知っておきたいものです。

疲れを感じた日は心も体もしっかり栄養を補給し、
また明日から頑張りましょう。
 
今日もみんなで「ついてる!ついてる!」☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら