本日の朝礼テーマは「プラス感謝」です

 米スタンフォード大学のクランボルツ教授は、「個人の職歴の8割は、予想しない偶発的なことによって決定される」という説を唱えています。

 実際には、どのような人に出会うか、どのようなチャンスに恵まれるかなど、さまざまな偶然によって決まることがわかったのです。

 幸運をただ待つのではなく、自ら創り出すために必要な行動指針は、「好奇心」「持続性」楽観性」「柔軟性」「冒険心」そして、「感謝」です。幸運を呼びよせましょう。

社内では、
「入社当初は思っていた道に進みましたが、仕事をするうえで、さまざまな人と出会い、現在は全く違う職種の仕事をしています。人との出会いに感謝しながら、日々過ごしています」

「今、さまざまなセミナーに参加して、縁を作っています。そのなかで、今と違った人生も面白そうだと感じたことがあったので、縁に感謝しながら、そちらの道も模索しています」

「私はいつも『柔軟性』と『冒険心』を大切にしながら、さまざまなことにアンテナを張っています。幸運を呼び寄せられるよう、積極的に活動します」
という意見が出ました。

 自分の職歴は自分で計画し、予定通りに積み上げていくものと思っていませんか。しかし、偶然の出会いや出来事が、仕事の方向性を大きく変えたという話は、よく聞くことです。全ての縁や出来事を大切にし、充実した人生を築きましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.