本日の朝礼テーマは「小さなとげ」です

 Fさんは、会社で花瓶の水を替えるとき、バラのとげで指を刺しました。
 ほんの小さなとげですが、その痛みはとても鋭いものです。

 数日前、同僚がとげを刺したとき、「大騒ぎして」と思ったのです。
 自分が同じ目に遭って初めてその痛みを理解できました。

 とげが刺さった痛みは本人にしかわかりません。心に刺さるとげは人それぞれ違います。
 傷ついた人の痛みを想像してみましょう。

社内では、
「私も知らないうちに人を傷つけていると思うので、他人の痛みをもっと知るように人と接したいです」

「大切なのは、相手がどのように感じているかを想像する力です。相手のことを思った言葉ならば、戒める言葉もとげのあるようには受け取られないと思います。相手のことを想像します」

「先日、生まれて初めて花粉症になりました。今まで花粉症の人を見て、大変そうだと思っていましたが、実際になってみて、つらさを実感しました。相手のことを親身になって思いやれる人になりました」
という意見が出ました。

人の心を思いやるとともに、とげを他人に向けないよう、注意することが大切です。他の誰かに深く刺さる可能性を考慮し、相手の気持ちに寄り添いましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」             

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら