本日の朝礼テーマは「次はぜひ」です


 
 何かとお誘いを受けても、どうしても都合がつかないときがあります。
 誘いを断るときも、相手への心づかいを忘れないようにしたいものです。

 たとえば断るときに「次回はぜひご一緒させてください」と一言添えます。
 次につながる前向きな気持ちを伝えます。

 また断ることが決まっているなら、早めに連絡することも大事です。
 思いやりのある言葉や行動で、誘ってくれたことへの感謝を示しましょう。

社内では、
「誘ってもらえるのはうれしいけれど、どうしても都合がつかないときがあります。そのときは、まずは誘ってくれたことへの感謝の気持ちを伝えたうえで、丁寧に断るようにしています」

「断ることに対して心から謝意を伝えるには、社交辞令のような言葉を言うだけでなく、事前準備を手伝うなど、より工夫をすることが大切だと思います」

「以前、電車通勤だったときは飲み会によく誘われましたが、車通勤になってから誘われなくなりました。それからは車でない日でも誘われなくなってしまったので、悪いイメージをつけないよう、つながりを持ち続ける努力を心掛けます」

という意見が出ました。

自分に都合があるように、相手にも都合があります。断る場合は、相手の立場をよく考えて、早めに、丁寧な姿勢で断ることを心掛けましょう。あなたは誘う側になることもあるのですから。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀    

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.