本日の朝礼テーマは「神さまのプレゼント」です

 元マラソンランナーの有森裕子さんの現役時代の話です。
大事な大会前に足を故障し、動揺している彼女に、監督である小出義雄さんはこう言いました。

「せっかく神さまが休めと言っているのだから、しっかり休め」
 その言葉で気持ちが落ち着き、前向きに治療に専念できたそうです。

その後回復した有森さんは大会にも間に合い、オリンピック出場を決めたのです。
最悪と思われる出来事が、貴重な機会に変わることあるのです。

社内では、
「重責のある仕事を任されたときは、なぜ私がと思うのではなく、せっかくだから私がやってやろうじゃないかと思うようにしています。チャンスをもらえてうれしいと捉えることが大切です」

「有森さんは好きな選手です。苦難を乗り越えたスポーツ選手は尊敬します。私もスポーツで挫折を味わいましたが、別の道が拓けた経験もあるので、これからも諦めないよう心掛けます」

「仕事でクレームなどを受けたとき、そこから逃げずに丁寧に対応したことでさらに受注が増えた経験がありました。苦難を次に生かすことが大切だと思います」

という意見が出ました。

「せっかくだから」という言葉は、マイナスをプラスに変えてくれます。望まない結果や試練が訪れたときは、「せっかくだから、今しかできないことをしよう」と考えることが大切です。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.