本日の朝礼テーマは「心の字幕」です

 アメリカの企業や大学でメンタルコーチをしているマーシー・シャイモフさんは、
 コミュニケーションにおいて「心の字幕」を読むことが大切だと述べています。

「心の字幕」とは言葉の裏に隠された相手の本心のことです。それを読めるようになると、
 言葉や態度ではなく、その気持ちに反応できるようになるといいます。
 
 家族や職場の仲間同士の言い争いは、本心がわかれば
 解決することがほとんどといえるのではないでしょうか。

社内では、
「社内で言い合いになったときでも、冷静になってから相手の本心を探ると、怒っていた理由を知ることができるときがあります。日頃からコミュニケーションを図り、相手の考え方などを知っておくことが大切だと思いました」

「愛情から出る厳しい言葉もあれば、優しい言葉の裏に厳しさがあるなど、言葉と心が反対であることは結構あります。信頼関係があれば、その言葉の裏にある心を感じ取ることができると思うので、信頼関係を大切にしていきたいです」

「ビジネスでは、相手の心を読まなければならないことがほとんどです。本音と建前という言葉があるので、相手の表情や態度などからも、本心を読み取って仕事に生かしていきます」

という意見が出ました。

 表面的な言葉だけでなく、その真意に耳を傾ければ、きっと心の字幕が見えてくるはずです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀   

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.