本日の朝礼テーマは「1010回のチャンス」です

KFCコーポレーションは、
「ケンタッキーフライドチキン」を展開する企業です。

創業者カーネル・サンダースの成功までの道のりは苦難の連続でした。
さまざまな職に就き、軌道に乗りかけた事業も失い、
残ったのはフライドチキンのレシピだけでした。

70歳を前にしてフランチャイズ方式の販売を思いつき、
営業で回るも1009回断られたといいます。
それでも挑戦し続け、誰もが知る企業に成長したのです。

諦めず、目標に向かって進んでいきましょう。

社内では、

「1009回断られても次に挑戦したカーネルは、尊敬に値する人です。営業をしていても、注文を取れないことが続くときがありますが、彼を見習い、諦めず頑張ります」

「創業者の思いや味などを後世に伝えることは難しいです。このような話を読んで、創業者の失敗を乗り越えてきた姿勢を学ぶことは意義があると思います。創業者の想いを知るとともに、失敗を乗り越えて道を切り開いてきた歴史を学ぼうと思い直しました」

「フライドチキンのレシピだけでなく、フランチャイズ方式を世に広めたいという強い信念が、諦めない原動力だったと思います。信念があってこそ、失敗を乗り越えられると思うので、信念を持って目標に向かおうと思いました」

という意見が出ました。

「失敗とは、再始動したり、新しいことを試したりするために与えられたチャンスだ。私はそう信じている」というカーネルの言葉は、彼の人生を知ると説得力が増します。失敗は新しい可能性につながる過程と考え、未来を切り開いていきましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
 

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.