本日の朝礼テーマは「下から目線」です

本日の朝礼テーマは「下から目線」です。

今日の話題について、コミニケ出版ではこんな意見が出ました。

「野球解説者の宮本和知さんの解説は、野球がわからない私でも理解できるくらい、やさしく聞きやすいものでした。視聴者の立場にたって『下から目線』で話してくれていたのだとあらためて知りました」

「宮本さんは、年下のプレーヤーのことを名前の下に『選手』と付けて呼び、敬意をもって接していました。そういった謙虚な姿勢も、視聴者に好感が高かったゆえんだと思います」

「知識や経験があるからといって、上から目線の態度や言動をとっていては、相手を不快にさせてしまいます。一流の人ほど、相手のことを考えた行動ができるのだと気づきました」

知識をしっかり身に付け、謙虚な姿勢を心掛けること。これらは、どのような仕事でも通用する考え方です。新人はもちろんですが、プロとして経験を積んだ人こそ、気を付けたいことだといえます。

今日もわが社は、ツイてるツイてる!!

#朝礼#スピーチ に使える!

1984 - 2022 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02