朝礼研究所 vol.4 考えてみよう!朝礼のいろんなカタチ

朝礼は「朝行うもの」「大勢集まって行うもの」と決めつけていませんか?朝礼研究所はさまざまな状況に応じた朝礼のカタチを提案します!

web会議システムを活用

自宅で勤務する「テレワーク」が普及するなか、インターネットを活用して、朝礼を行う企業も増えています。Web 会議システムを通じれば、離れていても互いの顔を見てコミュニケーションが可能です。遠方の支店と合同朝礼をすることもできます。会議や朝礼に限らず、ランチタイムにも利用すると楽しいかもしれませんね。

デキる人はやっている? 一人朝礼

『月刊朝礼』の読者のなかには、「一人朝礼」をしている方もいます。記事を音読し、感想を日記のように書き込むのです。読み返すことで、「自分はこんなことを考えていたんだな」という気づきもなります。いわば、自分とのコミュニケーションの時間です。職場で朝礼をしていないという人も、試してみてはいかがでしょう。

「朝礼」をするのは朝だけじゃない!

時差出勤や、交代制の勤務を行う企業では、なかなか同じ時間に集合できないことも多いのではないでしょうか。
『月刊朝礼』を活用する企業のなかには、お昼や夕方に「朝礼」を行うという方たちもいます。一日を始める前の朝礼はもちろん、一日の締めくくりとしての朝礼もまた、別の発見がありそうです。

まとめ

どんなカタチをしていても、「仲間と心を通わせる」「自らを成長させる」という目的は同じ。皆さんの実践する朝礼はどのようなものでしょうか? ぜひ教えてください!

« »

一覧へ戻る

1984 - 2021 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

社員は、有意義な朝礼を求めています!!
株式会社コミニケ出版では、2015年8月から9月にかけて、朝礼に関するアンケートを実施。1169人から回答がありました。

chourei_data_01_02