本日の朝礼テーマは「芋こじ」です。    

 この記事に関するコミニケ出版社内の意見をご紹介します。

「農民同士の話し合いの場を、二宮尊徳が『芋こじ』と名付けたと聞き、やはり農業改革に力を入れた人物だと、あらためて感心しました」

「話し合いをするには、おけである場所が必要ですし、棒や板のように議事を進行する人も必要です。それぞれの役割のなか、互いが切磋琢磨して成長していけるのだと感じました」

「人が人と議論をする際、自分の意見を押し通したり、人の意見にただうなずいているだけでは成長しません。相手の考えを受け入れながらも、ここだけは譲れないところを発言し、折衝していくことで成長すると思います」  

共に成長する仲間がいることに感謝し、互いに磨き合いましょう。
 #朝礼 のスピーチに使える! #社員教育 に役立つ『#月刊朝礼』

#芋こじ #二宮尊徳 #農業改革 #農民 #話し合い #切磋琢磨 #成長 #刺激 #仲間

1984 - 2019 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.