本日の朝礼テーマは「ほかほか言葉」です

Aさんは仕事の帰り道、保育園の前を通ると、
お母さんと先生、子どもたちの会話を耳にします。

「お帰りなさい。今日も元気にしていましたよ」
「遅くなってごめんなさい。いつもありがとうございます」
「お母さん、お帰り。ぼく、いい子にしてたよ」

何げない会話のなかに、お互いを思いやる気持ちがあふれていて、
Aさんは心が温かくなりました。

愛情にあふれた言葉は聞くだけで心を温めてくれるものです。

社内では、

「話に熱中すると、会話が自分と相手だけのやりとりと思いがちになります。しかし、周囲に影響を及ぼしていることに気づかなければなりません。柔らかい会話をしたいです」

「身近な会話でも心が癒されたり、気分を害されたりします。原因は、使う言葉や話し方が大きいと感じます。人の心をほっとさせる言葉や表現方法を心掛けます」

「以前、言われた冷たい言葉はいつまでも覚えています。しかし、思いやりのある温かい言葉も覚えているものです。相手を暗い気持ちにする言葉よりも、温かくする言葉の方が心の残り方も違うので、より言葉の使い方に気をつけたいと思います」

という意見が出ました。

たとえ自分に向けられていなくても、愛情にあふれた言葉は、聞くだけで心を温めてくれるものです。反対に、誰かを責めたり傷つけたりする言葉は、関係のない人までも暗い気持ちにします。職場や家庭での言葉遣いに気を付けましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀
 

この記事に関する弊社社員の感想はコチラ

本日の朝礼テーマは「日脚伸ぶ」です


 
#月刊朝礼 #朝礼 #社員教育 #今日の一言 #朝礼ネタ #名言 #格言

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2018 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial