本日の朝礼テーマは「自分から世界へ」です


 
フォトジャーナリストの安田菜津紀さんは、高校時代にカンボジアを訪れ、不幸な境遇の子どもたちを目の当たりにしたそうです。
彼らは、自分より家族を心配する優しさを持っていました。

誰しも不満や不安を抱えています。しかし、少し視野を広げれば、苦しんでいるのが自分だけでないことがわかるはずです。

社内では、

「悩んでいるときに視野を狭くしてしまうと、なかなか解決しません。そのようなときこそ視野を広げ、自分にはない視点で考えることが大切だと思います」

「生きている限り不平不満は必ず出てきます。しかし、人間ならば誰しもが持つものです。苦しいのは自分だけではないと思うことで、乗り越えていけるはずです」

「自分の行いを顧みることは、次の段階に進むために必要不可欠です。さらに他者の境遇や考え方を知ることで、より前に進んでいけると思います」

という意見が出ました。

つらい気持ちから抜け出せなくなったときは、自分の苦しみではなく、人の痛みに目を向けましょう。誰かをうらやんだり、自分を哀れんだりする前に、なすべきことが見えてくるはずです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial