本日の朝礼テーマは「見えない香り」です


 
20世紀初頭のフランスでは、香水の大量生産が可能となり、
数々の商品が店頭に並ぶように。
そのときに問題となったのが、
「目に見えない香りをどうアピールするか」。
そこで作られたのが美しいデザインの香水瓶でした。

見た目にこだわることの大切さを学ぶことのできるエピソードです。

社内では、

「どんなに性格が良い人であっても、身だしなみが乱れていると、悪い印象を与えてしまいます。そうならないためにも、日頃から失礼のない身なりを意識していきたいと思います」

「買った商品の外箱が破れていたりすると、受け取った人はがっかりしてしまいます。相手のことを思って行動することで、自然と外見を大切にできると思います」

「例えば、ペットボトル飲料水を購入するときに、もちろん味も大切ですが、パッケージのデザインが良いものを購入したくなります。中身と同様に外見は重要なのです

という意見が出ました。

人においても、同じことがいえます。長所や魅力を理解してもらうためにも、身だしなみを整え、素晴らしい心にふさわしい外見や振る舞いを、心掛けましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial