本日の朝礼テーマは「孤独に向き合う」です


 
中日ドラゴンズの監督を務める森繁和さんは、
「つぶれない選手、伸びる選手の共通点は、孤独な時間をきちんと過ごせること」と言います。

どのように行動するべきか、選手一人一人が自分自身としっかりと向き合って考えることが大切だというのです。
自分の弱さや課題などにしっかりと向き合い、受け止めることが成長につながります。

社内では、

「孤独には、寂しさなどのマイナスのイメージがありましたが、しっかり向き合えば、成長できるチャンスになると気づきました。前向きに捉えていきたいと思います」

「孤独な時間をどう使うかで、その人の将来が大きく変わると思います。有効に活用するためには、自立するということを意識する必要があります」

「次の段階へとレベルアップするために、孤独な時間は必要不可欠だと感じました。あらためて、自分を見つめ直し、今何をすべきか考え、実行していきたいと思います」

という意見が出ました。

良いチーム関係を築くためにも、誰かに依存するのではなく、一人一人が自立することが大切です。孤独な時間は、心を強くし自立につながることを忘れないようにしましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial