本日の朝礼テーマは「求めない心」です

「ギブ・アンド・テイク」は「公平な条件での交換」ですが、
「ギブ・アンド・ギブ」は見返りを期待せず、何度も相手に尽くすことです。

親切や協力というものは、本来自分がしたいからするものです。そのため、相手が喜んでくれたらそれで十分のはず。
尽くす心で人に接すれば、人生はきっと豊かになるのです。

社内では、

「見返りを求めない愛として真っ先に思いつくのが、親の子に対する愛です。一方通行で愛情を注ぎ続けられる例ではないでしょうか。その気持ちはきっと子どもにも伝わるはずです」

「人は見返りが多くないと納得しなかったり、不満を漏らしたりします。しかし、与え続けられる心の広い人ほど人に愛されると思うので、少しでも心掛けたいと思います」 

「家族や親友のような大切な人には心から尽くせますが、他人になると義務感で行うことがあります。しかし、私は何事も素直な気持ちで取り組んでいます。そうすると損得勘定がなってきました。やはりおごらず、謙虚な人ほど幸せになっていると感じます」

という意見が出ました。

見返りがなくとも、できる限り周囲の人のために力を尽くしましょう。求めず、与え続ける人には、自然と多くの人が集まり、きっと幸せもたくさん訪れるはずです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial