本日の朝礼テーマは「幸運の要」です。

イギリスの心理学者、リチャード・ワイズマン博士の研究によると、
「運が良い、悪い」ことと関係するのは「性格」だといいます。

 博士の研究では「外向的」であり、「リラックス」して、
「開放的」に新たなことに挑戦する人は幸運をつかみやすいのだとか。

性格を変えるのは難しいと思っているあなた。
少しずつ変える努力をしてはどうですか?

社内では、

「性格を変えるのは難しいですが、努力はできますし、そうすることに価値はあります。私は引っ込み思案でしたが、人と会う回数を増やし、話すようになって表に出るのが楽しくなりました。実践が重要です」

「仕事で必要に迫られ、新しいことを取り入れてきましたが、これまで知らなかったことも知ることができ、交友が広がって運も良くなったと実感しています。これからも開放性に取り組んでいきます」

「何によって運が良いか悪いかを判断するのは難しいですが、現在、運があると気づくことは大切です。運が良くないと思うときは、運を引き寄せるよう、良いことを実践していきます」

という意見が出ました。

性格は「品性」と言い換えることができます。能力や知識を生かし、社会に貢献することは運を開くことにつながるのです。自分も周囲も幸せにするために、品性を磨いていきましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial