本日の朝礼テーマは「おおらか課長」です。


 
完璧主義のA課長に対して、B課長はおおらか。
しかし、Bさんの課は活発に意見が飛び交い、
成績も伸びています。

理由は、細かすぎないため部下が自主的に動くから。
Aさんは、完璧が部下の選択の幅を狭めていたことを反省しました。

社内では、

「部下を自由にさせるには度量が必要です。完璧を求め過ぎても部下は委縮しますので、現実をよく見て対応することが大切だと感じました」

「部下に完璧を求め過ぎてしまうので、反省しました。信頼関係を築くためにも、部下を信用して、任せることを増やしていこうと思います」

「上司は部下を選べますが、部下は上司を選べません。そのため、部下への指導は、コミュニケーションが大切になります。締め付けるのではなく、意見をよく聞き、選択の幅を広げる努力をしていきます」

という意見が出ました。

経営者や上司として「失敗や欠点があると尊敬されない」と完璧を求める人もいるかもしれません。しかし、意外とおおらかに接しているほうが、部下の自主性が伸びる場合があります。部下を信用し、任せる勇気も必要です。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial