本日の朝礼テーマは「心の火」です


 
人々が帆船で海を渡っていた時代。
遭難して生き残った乗組員が毎日火をおこし、
数年間、希望を持ち続けて救助を待ち、ついに助かったそうです。

仕事や日常生活において、
事態が好転しない日々は長く感じるでしょう。
しかし、諦めずに努力を続ければ、活路が開けるのです。

社内では、

「何をしてもうまくいかないとき、投げ出したくなります。しかし、失意のときこそ希望をもってことにあたらなければいけません。自分を信じ、希望を胸に努力しようと思います」

「学生時代、野球をしていました。ピッチャーを目指していましたが、エースがいたのでレギュラーは難しかったです。しかし、個人練習を積んで、試合に出られるようになりました。仕事でも諦めない姿勢で取り組んでいます」

「努力すれば報われるとは限りませんが、希望を失い、諦めてしまえば、活路は絶たれてしまいます。希望の火を心に灯しながら、日々行動し続けるよう心掛けます」

という意見が出ました。

希望は、失意のときでも行動し続ける原動力となります。どのようなときも自分を信じ、希望を持ち続けましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」😄☀

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial