本日の朝礼は「言い方一つ」です。


 
おはようございます。

商業施設のエレベーターに、ベビーカーを押した女性が乗ろうとしましたが、入り口付近で談笑していた高校生たちが、スペースを占領していました。そのとき、そばにいた男性が、「もっと詰めればいいだろう」と高校生に怒鳴ったのです。男性はよかれと思ってのことかもしれませんが、エレベーターの中は気まずい雰囲気が漂いました。

社内では、

「いくら正しいことを言っていても、周囲を不快にさせては意味がありません。相手の気持ちを考え、言葉を選びたいと思いました」

「『自分が正しい』と思いこんでいると、ついこの男性のように、相手を責める口調になりがちです。自分にも覚えがあるので、気を付けたいです」

「何もしないで見ている人に比べたら、この男性は勇気があると思いました。ただ、思いやりのある言葉であればもっと、真意を伝えられたと思います」

という意見が出ました。

もし、男性が高校生たちに、「少し端に詰めてはどうかな。そうすれば、もう少し乗れるよ」と穏やかな言い方をしていれば、皆がいい気持ちになれたはずです。素晴らしい行いも、言い方一つで捉えられ方が変わります。相手を思いやりながら、心を和ませるような言葉遣いを心掛けましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial