本日の朝礼は「道となる」です。


 
おはようございます。

宗教家の清沢哲夫さんが、実家の寺の改革にあたって、迷いを断ち切る決意を詠んだ「道」という詩があります。

『此の道を行けば どうなるのかと 危ぶむなかれ
 危ぶめば 道はなし 
 ふみ出せば その一足が 道となる
 その一足が 道である 
 わからなくても 歩いて行け
 行けば わかるよ』

最初の一歩は自らが踏み出せばいい。歩いた跡が道になる、ということを意味しています。

社内では、

「今までしたことのない仕事に挑戦するときには、不安がつきものです。しかし、『初めてだからこそ成長のチャンスがある』と考え、前向きに取り組むようにしています」

「今、自分の仕事があるのは、過去の先輩方のおかげだということをあらためて実感しました。私も後輩たちのために、勇気を持って新たな分野を切り拓いていきたいと思います」

「新しい事業を立ち上げるときは、何かとうまくいかないことも多いものです。それでも、物事に一から取り組む経験は、自分にとってかけがえのない財産になります」

という意見が出ました。

何か新しい試みを提案したとき、「前例がない」と却下された経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。しかし、今やっているさまざまな取り組みも、初めてのときは前例がなかったはずです。恐れていては何もできません。勇気を持って、何事も自らが前例となる高い志で取り組みましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

#月刊朝礼 #朝礼

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial