本日の朝礼は「心地よい挨拶」です。

%e6%9c%88%e5%88%8a%e6%9c%9d%e7%a4%bc_%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b1%e5%87%ba%e7%89%88_20161205
 
おはようございます。

京都のある老舗旅館の女将は、「挨拶は、頭を下げるときではなく、顔を上げるときこそ丁寧にしています」といいます。顔を上げるときに、相手の姿をきちんと見るようにすると、来ていただいたことへの感謝と、お客さまを大切に思う気持ちが伝わるというのです。

社内では、

「挨拶は全ての基本であり、挨拶ができないと仕事もできないと判断されます。誰に対しても、常に挨拶するように、今まで以上に注意します」

「挨拶は顔を上げるときこそ丁寧にというのは、挨拶の神髄だと思います。相手のことを思いやると、自然に相手の目を見た挨拶ができるはずです。そうすれば気持ちは伝わり、相手を心地よい気持ちにさせられると思います」

「他の旅館との違いを考えて、女将はこの丁寧な挨拶を考えたのだと思います。他社よりも一歩うえのおもてなしを考えたとき、まずは丁寧な挨拶を重視すべきだと、あらためて気づきました」

という意見が出ました。

仕事において、マニュアルや形式を守ることは重要です。しかし、さらに一歩、どのような思いを込めるかで、お客さまが受ける印象は大きく変わります。一人一人に丁寧に挨拶をする姿勢が、相手により一層の快適さを与えます。頭を下げるだけでなく、常に目の前にいる相手を思いやることを心掛けて、挨拶をしましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial