本日の朝礼は「カミソリの遺言」です。

%e6%9c%88%e5%88%8a%e6%9c%9d%e7%a4%bc_%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%b1%e5%87%ba%e7%89%88_20160926おはようございます。

後藤田正晴さんは、中曽根内閣の官房長官を3度にわたって務め、カミソリの異名をとった政治家です。後藤田さんは、生前のインタビューで、次のような言葉を残しています。

「とかく情報というのは、耳に心地よいものばかり入ってくる。それが一番危険。悪い情報も入ってくる体制を作らなければならない。補佐役は、トップに耳が痛い話もできなければならない」

社内では、

「部下はトップの耳に、悪い情報は伝えたくないものです。しかし、日頃から諫言を聞き入れる度量があり、部下と頻繁にコミュニケーションをとっているトップであれば、問題が発生したときでも、部下は伝えやすいはずです。そんな風通しのよい職場づくりが必要です」

「悪いことはいち早く上司に知らせることが大切です。それにより、問題が大きくならないうちに対処できます。悪い知らせは、早く対処できる良い知らせと捉えるようにしています」

「周りにイエスマンばかり集まらないよう、まず悪い情報を伝えてくれる部下を大切にしています。悪い情報を伝えてきても叱責したり、はねのけたりせず、詳しく聞くようにしています。部下たちにも、そうするように指導しています」

という意見が出ました。

政治家の不正やモラルの低下を浮き彫りにする事案は後を絶たず、一般企業による不祥事も次々に発覚しています。もし、問題の火だねがくすぶり始めたとき、その真実をトップが把握できる体制であれば、事態は最小限で収まったかもしれません。部下の勇気、それを受け止めるトップの器の大きさが、組織を守るのです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.