本日の朝礼は「乗り越えた先に」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_201607014おはようございます。

大学生のKさんは、友人や近所の人に何か頼まれると、「自分には無理」だと思って断ります。一方、先輩のNさんは面倒そうなことでも「困難であればあるほど、得られるものが大きい」と考えて、快く引き受けてこなしています。それを聞いて、Kさんは考えをあらためました。

社内では、

「私は困難な仕事を達成したときの喜びが忘れられず、自分から難しそうな仕事に挑戦しています。途中で難しいと思ったときは、上司や同僚に相談し、アドバイスを受けながら進めていきます。最終的に達成できると、今まで以上に自信を持つことができます。これからも、プラス思考で困難な仕事にチャレンジしていきます」

「部下に自信をつけさせるために、小さな目標を設定して、実践させるようにしています。それができると、少しレベルアップした目標に挑戦させます。1つずつこなしていくことで、チャレンジ精神が芽生えます。時に悩んでいることがあれば、アドバイスをして、やる気をなくさないようにしています。それが職場間の信頼関係を深める有効な手段です」

「難しそうな仕事を依頼されたときは、すぐに全てができないと言うのではなく、ここまでならできますなど、提案することが大切です。話し合っていくなかで、最善の方法を見つけ、完成させることができれば、達成感を得ることができるはずです」

という意見が出ました。

Nさんのように、困難を乗り越えて物事を達成したとき、得られる喜びや成長を想像しながら、何事も取り組んでいるという姿勢が大切です。その姿勢は周囲の人もやる気にさせます。困難を乗り越えると、自信が生まれ、きっと周囲の仲間と信頼関係が深まるはずです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial