本日の朝礼は「乗り越える力」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20160517おはようございます。

漫画家、鳥山明さんは、当時の編集者である鳥嶋和彦さんをモデルに「Dr.マシリト」という悪役を作りました。このキャラクターは、「ボツ」が口癖で、人気作家でも若いころは、厳しいダメ出しを受けていたことがうかがえます。
 
社内では、

「苦しい経験を、鳥山さんはユーモアあふれる表現で作品に生かました。私もその前向きさを見習いたいです」

「2人の間には信頼関係があったからこそ、こういったキャラクターが生み出されたはずです。仕事でつらいことがあっても、よい人間関係があれば、続けていけると思います」

「鳥山さんのような成功者でも、壁にぶつかることはあります。それを自分の力で乗り越えてこそ、成長があるのだと思います。私も、自分の力で仕事を変える意気込みで頑張りたいです」

という意見が出ました。

5月は、新しい生活に慣れる一方、「こんなはずじゃなかった」と不満を抱く時期でもあります。目の前の困難は、試練として受け止め、少しずつでも乗り越えていきましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial