本日の朝礼は「異動はチャンス」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20160427おはようございます。

ビジネスマンに異動はつきものです。環境が変わり、一から人間関係を築くのは大変ですが、能力を発揮するチャンスをもらったと考え、前向きに取り組むことが大切です。
 
社内では、

「友人は大手商社に勤めていますが、多くの異動を経験しています。異動のたびに経験を積み、人間的にも大きくなっていると感じます。私も異動を命じられたら、チャレンジする気持ちで、積極的に会社の役に立ちたいと思います」

「仕事には、花形なものと、縁の下の力持ちのもの、さまざまあります。もし、異動で花形ではない仕事に就くことになったとしても、不必要な仕事などないという心構えで、取り組むことが大切です」

「知人の会社で、人事に不慣れな役職者が配置転換を実行したことによって、混乱が生じたと聞きました。それは、部下の能力や経験を正当に評価できていなかったために起こったことだといいます。人事担当者は、長期的視野も考慮して、総合的に異動を決めるスキルが必要だとあらためて気づきました」

という意見が出ました。

異動を命じられたとき、「うまくやっていけるだろうか」という不安はあるでしょうが、「新しい職場で新たな自分を見つける」というように発想を変えましょう。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial