本日の朝礼は「自分のできること」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20160408おはようございます。

入社2年目のYさんは、祖母の『人が喜ぶことをしなさい』という教えを守り、始業時間の1時間前に出社すると、職場をきれいにして、上司や先輩社員の出社を待っています。
 
社内では、

「Yさんは損得など関係なく、相手が喜ぶことをすることが習慣になっているのだと思います。私も、よい心遣いができるよう、努力していきます」

「新入社員のころ、毎朝30分早く出社して、掃除をしていたことを思い出しました。上司や先輩がとても褒めてくれました。そのときに身に付いた、人が喜ぶことをしたいという気持ちは、今も変わりません」

「担当が決まっていない雑務なども、率先してするようにしています。進んで実行していると、周囲にもよい影響を与え、別の社員も手伝ってくれるようになりました。よい効果を広げ、さらによい職場にしていきたいです」

という意見が出ました。

人は自分の立場や損得だけで判断したり、行動したりしがちです。しかし、「周りの人のために何ができるか」を考えることが大切です。そのような心遣いが、楽しく働ける職場をつくっていくのです。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial