本日の朝礼は「クローズアップ長所」です。

月刊朝礼_コミニケ出版_20151106おはようございます。

小学生の子どもを持つ母親が、担任の先生と2回の懇談を終えました。2回の話で、先生が普段、自分の子どもに対して、どのような姿勢で接しているのかがわかったといいます。

「忘れものが多いことや、給食を食べるのに時間が掛かることなど、子どものできないことばかりを指摘しました。2回とも子どもの欠点の話で終わったことから、日頃から否定的な姿勢で接しているのだと思えて、とても残念でした」

話す内容は、その人の考えが反映されるものです。愚痴や不満など、後ろ向きな表現は、相手にマイナスの印象を与えるので、注意しましょう。

社内では、

「子どもの悪いところばかりが目についてしまう。直さなければいけない点しか親に伝えない。これは先生の性格なのかもしれません。しかし、やはり後ろ向きな部分ばかり伝えられると、言われたほうは暗い気持ちになり落ち込みます。やはり、相手のよい部分に注目し、積極的に伝えていくことが肝要だと思います」

「私は部下を指導するとき、できていない点を伝える前に、まずできていたりよかった点をほめるようにしています。きちんとよい点を見ていることを伝えたうえで、できていない点ができるようになれば、もっと素晴らしくなると思うと伝え、やる気を出させるようにしています」

「取引先に仕事を依頼した場合、できてきたものを見て、いいところは当然と考えてしまい、気になる点だけを指摘してしまうことがあります。しかし、そのような対応だと、相手に『満足していないのだろうか』という印象を与えてしまう恐れがあるため、よかったところにもクローズアップして、しっかりと伝えるようにしました。すると、次にできてきたものは、さらに完成度の高いものになっていました」

という意見が出ました。

話す内容には、無意識にその人の考えが表れます。思わぬ状況のもとで、日頃考えていることが、言葉や態度に出てしまう場合があります。それは仕事でも同じです。お客さまや得意先との会話のなかに、仕事に対してどのように思っているか、どのように取り組んでいるかが反映され、お客さまは、そのようなところをしっかりと見ています。

日頃から相手の長所をほめたり、前向きな表現をしたり、明るく元気な挨拶をしたりして、プラスの印象を与える言動を心掛けることが重要です。

今日もみんなで「ついてる!ついてる!」

  • 法人契約をご希望のお客さまはこちら
  • 個人購読ご希望のお客さまはこちら

1984 - 2017 Copyright © コミニケ出版 All Rights Reserved.

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial